FC2ブログ

字をきれいに書く方法、練習方法ついて

美文字の流儀が人気ですね。

どのようなものなのかネタバレ・レビューを紹介します。

書道家 坂本幸一 美文字の流儀詳しくはこちら

日本美文字協会会長 書道家 坂本幸一さんはどんな方?


貧しい家庭に生まれ、幼い頃に両親が離婚。
大人への強い不信感を抱き、10代半ばまでを過ごす。

高校2年生の時に出会った恩師の書道をする姿に感動し、
本格的に書道を学び始めたことで人生を変えていく。

高校3年生時に「全日本高等学校書道公募展」で1位を受賞。

大学卒業後、埼玉県高等学校教員採用試験科目書道を突破し
埼玉県の公立高等学校の教員となる。

教員になり3年目に指導する生徒が
「高校生国際美術展」で全国1位を受賞。

2013年5月 公立高等学校教員を退職。
書道家としての活動を開始する。

書道の指導の他、講演活動やパフォーマンス活動も展開している。

ベトナムのダナンで開催された総来場者数が10万人を超える
「観世音寺祭」の開会式にて巨大書「絆」を揮毫。

現在、日本美文字協会会長、PEACE ARTS 株式会社 代表取締役。

美文字の流儀(坂本幸一)教材のネタバレ内容

人事採用担当者の方の声


採用担当から意見を言わせていただければ、
パソコンで制作した履歴書より手書きで準備された方を採用します。

少し言い過ぎなところもありますが、
手書きの履歴書から取れる情報を重視しているからです。

やはり、文字を書く事にはその人の性格が出ます。

字が上手な人は、気遣いが出来る能力も高い傾向があります。

そのため、丁寧に美文字で書いてある履歴書を見ると
内定の方向へ動きやすくなります。

美文字であるということは
採用の判断をする上でも大事な要素としています。


文字が汚いと損?!
美文字って羨ましいですね。

美文字の流儀公式サイトはこちら
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。